NEWS

ホテル内の回廊をギャラリー風に。

ホテル内の回廊をギャラリー風に。

九州で活動されているアーティストさんの作品をご紹介する場として、2020年春よりホテル内回廊の壁面を活用する企画を始めています。
ホテルにとってはご宿泊のお客様にご滞在中の楽しみが加わり、アーティストの方にとっては全国各地から訪れる方々にアピールできる機会として、WIN-WINのプロジェクトになればと考えています。


6人目は写真家・進藤祐光(しんどう ゆうこう)さんです。

福岡在住のフォトグラファー。「自然との共生」をテーマに熊本県・阿蘇の大地を舞台に撮影した作品です。押戸石の丘、大観峰、高森殿、鍋ケ滝など。氏がカメラにおさめた、自然の大きなパワー、写真を通して感じとることができます。
2021年6月から8月末までの予定です。






5人目の画家さんは永田 和之(ながた かずゆき)さんです。

鹿児島ご出身で、現在熊本の大学で芸術学部の講師をされておられます。

2021年3月末から2ケ月ほどの予定です。永田氏は印象派への造詣が深く氏の描く風景画は何度も筆を重ねた繊細な画風が特徴でその優しさに心癒されます。


タイトル: 「summer chorus」



4人目の画家さんは柳田 也寿志(やなぎた やすし)さんです。

宮崎県のご出身で、現在長崎県の高校で美術を教えながら創作活動をなさっています。

2020年12月から2ケ月ほどの予定です。自然がテーマで想像をかきたてられる抽象画です。じっと見ているとその絵の世界の中へ誘われそうになります。


 タイトル:  「家族の肖像」

 ~これまでご紹介したアーティスト アーカイブス~


3人目は光武 美沙希(みつたけ みさき)さんです。

長崎県佐世保市出身で、現在熊本で活動されています。

自画像でもある「みっちゃん」というキャラクターを通じて描くという特徴があり、どこか心が「ほわっ」とします。


展示してもらうにあたり、ホテル内の水盤にあたる陽射しの光加減からインスピレーションを得て、描き下ろした作品。


2人目は、荒木 宣男(あらき のぶお)さん。 熊本のご出身で草に魅せられた氏の世界が特徴です。


第一弾として3月20日からの2ヶ月間、 福岡県糸島に移住されたアメリカ ハワイ出身のアーティスト ジェームス ドーバーさんの作品17点を展示しています。

アメリカのTVドラマ「LOST」が日本でも大ヒットしましたが、その劇場版にドーバーさんの作品が使用されました。




平戸祐介さんによる館内音楽プロデュース

平戸祐介さんによる館内音楽プロデュース

グラスを片手に自然の中で、素敵な音楽と共に過ごす時間。

そんな居心地の良い空間を演出したくて、そこに流れる音楽もホテルの想いを込めて
JAZZ ピアニスト 平戸祐介さんにお願いしました。

チェックインや昼間のティータイム、ディナー、バータイムなど様々なホテル滞在シーン毎に

ご本人が一番得意と言われたスタンダード中心にジャンルを超えた選曲もしていただきました。

風景を眺めながら音楽に浸って、癒しの時間をお楽しみ下さい。

〈平戸さんからのメッセージ〉
雲仙九州ホテル創業101年目を迎え、
新たな雲仙九州ホテルが生まれ変わるという事で
今回微力ながらも館内音楽プロデュースを
全面的にご協力させて頂き、誠に至極の思いです。

エントランス、宿泊棟、レストラン、
そして、離れ。
私の持つジャズの知識をフル活用して
雲仙九州ホテルの持つ斬新な新しさと
古き良き伝統も大切にされている七條社長の
ご意思を受け継がせて頂き、
お客様に最高の瞬間を提供すべく各場面の選曲させて頂きました。

これからの雲仙市...いや、長崎の
ホテルという概念を越えた
新たなアート、音楽等の創造発信基地として
雲仙九州ホテルはこれから
輝かしい未来を歩んでいくと思います。

雲仙九州ホテルの新たな旅立ち...

長崎に希望の光が灯った!

そんな確信を持つ出来事で
ある事は間違いありません。

これからの
雲仙九州ホテルの輝かしい歩みに
乾杯。

平戸祐介 (Yusuke Hirado Prospect)

--------------------------------------------------------------------

平戸祐介プロフィール

--------------------------------------------------------------------

長崎県生まれ。

父親の所有する膨大な ジャズ・レコードを聴きながら育ち、中学生の頃からジャズピアニストとして活動を開始。

高校時代にはNYマンハッタン音楽院のサマー・ ワーク・ショップで トップ・レベル・コンボに抜擢され、最優秀賞を獲得。
高校卒業後渡米し、NYにあるニュースクール大学ジャズ科に進み、Walter Bishop Jr.に師事する。

1995年にはRichard Davis (Bs), Winard Harper (Ds)と共演、ジャパン・ツアーで成功を収める。大学卒業後に帰国、上京し、quasimodeを結成。国内外屈指のアーティスト群と共演を果たす。

2012年に自身初となるソロ作品 「Speak Own Words」をリリース。 個人活動を充実させるべく2015年2月をもってquasimodeが活動を休止、2015年にはピアノソロアルバムの決定盤2ndアルバム 「Voyage」をリリース。

2017年ソロプロジェクト「Yusuke Hirado Prospect」始動。
8月には、Yusuke Hirado Prospect 待望の第一弾「Heritage」をリリース。

戻る

電話予約受付時間 9:00〜17:30